六本木食べ歩き(担々麺&ウィーン紅茶)

0

    JUGEMテーマ:ラーメン

    JUGEMテーマ:六本木ランチ

    JUGEMテーマ:東京人の東京観光

     

    Linです🌸

     

    昨日は六本木にある国立新美術館「ウィーン・モダン展」について書いたので

     

    六本木で食べたランチと、国立新美術館近くにあるウィーン紅茶専門喫茶店について書こうと思います☺

     

     

    🌸 玄瑛流担々麺(麺劇場 玄瑛)

     

     

    こちらのお店、福岡の人気ラーメン店の東京進出二店舗目にあたるそう。

     

    一店舗目は広尾にある完全紹介制のGENEI.WAGAN。

     

    メインがラーメンの隠れ家コース料理のお店。

     

    二店舗目がこちら六本木の店舗なのですが、こちらも夜は紹介制で予約のみのコース料理のよう。

     

    🌸こだわりの出汁

     

    出汁はイベリコ豚ベジョータからとっているとのことですが、

     

    このイベリコ豚ベジョータはイベリコ豚をデエサ(ドングリの森)で放牧され

     

    どんぐりや草を食べて育つ高級ランクのイベリコ豚。

     

    イベリコ豚全体の中で11%しかいません。

     

    また出汁は豚骨ではなくミンチ肉から出汁をとっているとのこと。

     

    スッキリとまろやかでマイルドなイベリコ豚の旨味がじわり☺

     

    そして干し海老、干し貝柱の自家製X.O醤の旨味が時々ブワッと口の中で広がります。

     

    麺は細めで縮れがあるのですが主張しすぎずスープによく絡みます。

     

     

    こだわりの自家製ダシ醤油と卵でTKG(卵かけご飯)を食べたのですが

     

    ラーメンのスープをかけるとウマウマ。

     

    炭水化物とりすぎやーと思ったのですが、不思議とペロリといけます👀

     

    紹介制らしいので一見さんは入れないようですが夜のコース料理も気になりますね☺

     

     

    麺劇場 玄瑛  六本木店
    03-6447-4010
    東京都港区六本木4-5-7
    https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13188460/

     

     

     

     

    🌸ザッハブレンド&ザッハトルテ(デンメア ティーハウス)

     

     

    国立新美術館で「ウィーン・モダン展」を見たあとは、ウィーン紅茶専門喫茶店でお茶☺

     

    本店はウィーンにあり、ベートーベンハウスやウィーン大学に近いウィーンの中心部にて1981年にできたそう。

     

    ヨーロッパを中心に28店舗あり、2008年にアジア一号店がこちらに出来たとのこと。

     

     

    こちらウィーン紅茶専門というだけあって、紅茶の種類が豊富です。

     

    メニューをめくってもめくっても、紅茶やハーブティなどが並びます👀💦

     

     

    その中から、ザッハトルテで有名なウィーンの最高級ホテルで出されるザッハブレンド、

     

    それに合わせてザッハトルテを注文☺

     

     

    ザッハブレンドは柔らかめの王道な印象の良い香りでしたが、

     

    ザッハトルテはあまり日本人好みではないかもしれません(小声)

     

    ただ、ウィーンの展示を見た後にウィーンの余韻に浸れるのは素敵です☺

     

    また、紅茶の種類がここまであると、紅茶好きの方はとても喜ばれるかと。

     

     

    一緒に行った友人の麗子先生は、ローズティーを注文。

     

    これがまた、めちゃくちゃ良い香り☺

     

     

    ↑ 店内は赤と白が基調のインテリア

     

     

    デンメア ティーハウス 六本木店
    03-5772-1812
    東京都港区六本木7-21-22 セイコー六本木ビル 1F
    https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13060196/

     

     

    Lin🌸

     

     

     

    女性ホルモンの専門家が作った、女性のためのハーブティー

     

     

     

     

     

     


    沖縄食べ歩き その 「食堂黒猫」フローラルティーパンケーキ

    0

      JUGEMテーマ:沖縄

      JUGEMテーマ:食べある記|グルメ

      JUGEMテーマ:パンケーキ

       

      こんにちは、Linです🌸

       

      今日は沖縄ひとり旅4日目に首里城近くで行った「食堂黒猫」さんです。

       

      首里城付近には開店前から大行列という噂の「首里そば」さんや、お洒落そうなカフェやら色々。

       

      中でも、気になっていた「食堂黒猫」さんへ。

       

       

      🌸フローラルティーパンケーキ

       

       

      こちらのカフェは、メルボルンで有名なカフェ出身のシェフとバリスタの方が二人三脚で営まれています。

       

      メルボルンといえばオーストリア東海岸、ヴィクトリア州の州都。

       

      生活水準が高く、移民を多く受け入れてきた歴史があり

       

      多種多様な食文化と「世界一カフェのある街」いわれている街です。

       

       

      お店は、ゆいレールの終点の首里駅と、隣の儀保駅の間くらいにあり

       

      細かい路地と坂道を登っていくので少々わかりづらいですが

       

      行ってびっくり。なんてお洒落な隠れ家カフェ👀✨

       

      白い三階建ての建物で、看板も木造の渋可愛さ。

       

       

      細い外階段を登っていくとお洒落空間が広がります。

       

      開店すぐだったのもあり、混雑なく居心地が良い☺

       

       

      最初は珈琲だけのつもりだったのですが、メニューを見て

       

      Linが「これは食べてみたい!」となったのがこちら「フローラルティーパンケーキ」(1700円)

       

       

      インスタ映え必至の美しさ、花とハーブの香りが素晴らしいです☺

       

      パンケーキを囲むのはオレンジ、ピーチ、洋梨のアールグレイジェル寄せ。

       

      この丸いのは自家製ハイビスカスキャビアだそうです🌺

       

      ラベンダーヨーグルトとエルダーフラワーのクリームは軽やかで良い香り。

       

      メレンゲと、フェンネルのトフィー(シャリシャリに固められたキャンディ)が食感にバリエーションを与えています。

       

       

      ちなみにお食事メニューもいくつかありました。

       

       

      自家焙煎珈琲からは、水出しコーヒー(400円)を。

       

      水でポタリポタリと時間をかけて抽出する高級なコーヒー、さすが濃厚で美味しい。

       

      パッと見、少ないですが、好みで薄めながら飲みます。

       

       

      オリジナル調味料 エジプシャンデゥッカを購入しました。

       

      スパイスたっぷりで、ふりかけて使用すると異国情緒が溢れます。

       

       

      食堂黒猫
      050-1300-3853
      沖縄県那覇市首里赤平町2-40-1 3F
      https://tabelog.com/okinawa/A4701/A470102/47015244/ 

       

      食堂黒猫公式ホームページ

      http://kuroneko.okinawa/index.html 

       

       

      こうして、沖縄ひとり旅 食べ歩きは終了です。

       

      沖縄楽しかった☺

       

      3泊4日じゃまわりきれないですね👀✨

       

       

      Lin🌸

       

       

       

       

      「日本のいいもの」を集めた総合通販サイト 日テレ7ショップ

       


      沖縄食べ歩き その トロピカルアイス&サーターアンダギー&ラフテー

      0

        JUGEMテーマ:沖縄

        JUGEMテーマ:食べある記|グルメ

         

        Linです🌸

         

        今日は、沖縄ひとり旅3日目の食べ歩きネタです👀

         

        真栄田岬(青の洞窟)でダイビングとシュノーケリングに行ったら

         

        久しぶりの海でめちゃくちゃ空腹に笑

         

        「腹ペコ過ぎて、我慢ならん〜〜👀💦」となってしまい

         

        真栄田岬近くにある、おんなの駅(食べ物屋さんが色々入った道の駅)に直行しました笑

         

         

        🌸トロピカルアイス

         

         

        お目当はこちら。

         

        ryu-pinのトロピカルデザート☺

         

        トロピカルちゃん(880円)です。

         

        沖縄ぜんざいとも迷ったんですが、同じ時期に台湾に行った友人から

         

        マンゴーかき氷の飯テロされたので、対抗しました笑

         

        ただ、わたしの行った時期的に生のマンゴーが足りないとの事で

         

        冷凍マンゴーを混ぜてます。との事。

         

        フルーツに飢えていた私は初志貫徹👀✨

         

        冷凍か〜なんてあんまり期待せずに食べたところ、

         

        いやこれ、生と区別つかないくらいトロットロですやん!!

         

        美味しいい🥰

         

         

        ほんとはトロピカルフルーツかき氷食べたかったんですが、

         

        一人でデカ盛りかき氷を食べれる気がしなくて笑

         

        案外、食べ始めたらペロリといくのかもだけど。

         

         

        ryu-pinはこちら。

         

        琉冰 おんなの駅
        098-965-6093
        沖縄県国頭郡恩納村仲泊1656-9 おんなの駅内
        https://tabelog.com/okinawa/A4703/A470303/47005407/ 

         

         

        🌸サーターアンダギー

         

         

        トロピカルちゃんを食べていると、なんと目の前には

         

        私が許田 道の駅で食べ逃したサーターアンダギー専門店の「三矢本舗」があるではないですか👀

         

        10種類くらい味があって、ひとつ90円という破格値段。

         

        冷たいものを食べたあとには、揚げたてホクホクのサーターアンダギーは魅力的。

         

        たくさんあるから、どれにするかめっちゃ迷いましたが、やはりプレーンと黒糖かな☺

         

         

        三矢本舗 おんなの駅なかゆくい市場店
        090-6861-1943
        沖縄県国頭郡恩納村仲泊1656-9 おんなの駅なかゆくい市場 1F
        https://tabelog.com/okinawa/A4703/A470303/47004517/ 

         

         

        🌸ラフテー

         

        なかゆくい市場でもぐもぐ満喫した後は、一度レンタカー返却して、那覇市内へ。

         

        「一番美味しいラフテー」として、ちょこちょこメディア露出している「山将」さんへ。

         

        こちらは沖縄料理の居酒屋さん。

         

        正直、お酒飲めないし一人で行くのもどうかとは思ってましたが

         

        せっかくなので☺

         

         

        ラフテーは2つで1080円。

         

        値段から予想はしてましたが、これはボリューミーです👀✨

         

         

        箸を入れると、柔らかく裂けてホロンとなります。

         

        居酒屋さんなのもあって、味付けの甘辛具合がちょっと強めかな。

         

        お酒飲まないわたしは2日目に行った「笑味の店」のサワーラフテーのが好みでしたが

         

        大人数で飲みながら摘むには良い感じかも☺

         

         

        ついでにナーベーラ(ヘチマ)の味噌煮(700円)も頼んじゃいましたが、こちらもボリューミー笑

         

        もしかしたら1人でくるなら、ラフテー丼(確か1200円)とかのが良いのかもしれません☺

         

         

        山将
        098-862-0999
        沖縄県那覇市東町5-1 2F
        https://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47003341/ 

         

         

        それでは、沖縄食べ歩き記事 そのイ任泙燭会いしましょう☺

         

         

        Lin🌸

         

         

         

         

         

         

         

         


        沖縄食べ歩き その 「イラブー料理カナ」(沖縄の伝統 海蛇料理)

        0

          JUGEMテーマ:沖縄

           

           

          Linです🌸

           

          沖縄ひとり旅2日目は、イラブー料理(海蛇料理)です。

           

          イラブー料理は薬食とされており、滋養強壮や疲労回復に良いとされています。

           

          85歳のおばぁが作るとのことで、金土の夜のみ営業なのですが、

           

          おばぁの体調次第では急に休みになることもあるそう。

           

          また、那覇から車で40〜50分の北中城なのですが、

           

          辺鄙な立地でお店の場所がわかりにくく、電話して聞きました👀💦

           

          テレビに出ると満席で予約が取りづらい状態にもなるし、おばぁの体調も気になるし

           

          次また来れるが分からない、というわけで奮発して、

           

          フルコースの「イラブー汁つきカナ定食」(6000円)を予約。

           

           

          🌸イラブーシンジ(手前にある茶色い汁): 海蛇の燻製(真っ黒)を昆布とタコ糸で巻いたものを煮込んで寝かせると出汁が出ます。

           

          作るのに2〜3日かかるとのこと。

           

          飲むと濃厚な鰹節のような風味ですが、少し苦味があり、うまく説明出来ないのですが燻したようななんとも言えない深みがあります。(まあ燻製なんで笑)

           

          🌸ウカライリチー(イラブーシンジの奥): おからの炒め煮です。

           

          今まで食べたおから料理の中で一番好きかも。

           

          🌸スヌイ: もずくです。

           

          🌸ジーマーミー豆腐: 落花生の豆腐。この白い塊です。

           

          弾力があり、ぶりんぶりんしてます。こりゃ美味しい。

           

          🌸豆腐よう: 島豆腐を米麹、紅麹、泡盛に半年漬け込んだ発酵珍味です。

           

          泡盛のキリッとした味、発酵した島豆腐の締まり具合、ねっとりした舌触り。

           

          これがもう、めちゃくちゃ美味しい☺

           

          珍味好きにはたまりません。

           

           

          ネットで掲載されているメニューは、ンジャナバーのスーネー: ニガナ(薬草のひとつ)白和え

           

          だったんですが、たぶん差し替えになったと思われます。

           

          忙しそうだったので何か聞けませんでした👀

           

           

          🌸クーブイリチー: 昆布の炒め煮。

           

          この昆布、噛むと柔らかく旨味豊富で、実に美味しい。

           

           

          🌸ドゥル天: ドゥルワカシー(一般的には田芋を蒸して豚肉、かまぼこ、しいたけなどを加えて練り上げたもの)を揚げたもの。

           

          1990年頃に、居酒屋うりずんで考案されたメニューが広まったらしいです。

           

          中はドゥルンとして粘りと旨味があり、衣はサクサク。

           

           

          🌸イラブー汁: 昆布と鰹節で煮込んだ豚足(テビチ)、昆布、海蛇の燻製が具です。

           

          白いのはぷるんぷるんの豚足。骨を入れる器が右上に。

           

          イラブー(海蛇)自体はボソボソしていますが汁にエキスが抽出されているので、残さず飲んでくださいとのこと。

           

           

          🌸フーチバージューシー: フーチバーはヨモギのこと。じゅうしぃは炊き込みご飯です。

           

          島野菜ランチで食べたじゅうしぃはニンニクが効いて味も濃い目でしたが、こちらはあっさり風味。

           

          ニンニクも軽い👀

           

          🌸ラフテー: 沖縄郷土料理の1つ。豚肉の皮付き三枚肉を醤油と泡盛で甘辛く煮た角煮ですね。

           

          🌸イナムドゥチ: 沖縄のお祝い料理の1つ、豚肉、こんにゃく、かまぼこなどの入った白味噌仕立ての味噌汁です。

           

          🌸漬物

           

          と、ここまで出た時にはかなり満腹。

           

          もう入らない…と半分くらい残ってる状態で、「すみません、残りお持ち帰りできませんか💦」

           

          と聞いてみたら

           

          「いいですよー!皆さん、お持ち帰りされるんですよ。」

           

          な、なんだってー!!👀

           

          めちゃくちゃ頑張って食べてたよ笑

           

           

          🌸デザート: 自宅で採れたグアバのゼリーだそうです。

           

          自宅にグアバとか、さすが南国です✨(これはさすがに店内でいただきました笑)

           

           

           

          沖縄来てハードスケジュールだったので、滋養強壮作用に期待しつつ、

           

          ラフテーと、じゅうしぃ、漬物をパックしてもらい、ニコニコでお店を出ました☺

           

          カナ
          098-930-3792
          沖縄県中頭郡北中城村字屋宜原515-5
          https://tabelog.com/okinawa/A4704/A470405/47001205/ 

           

          イラブー料理カナ

          http://irabu-kana.com/

           

           

          Lin🌸

           

           

           

           

           

           

           


          沖縄食べ歩き その 「笑味の店」まかちくみそうれランチ(島野菜)

          0

            JUGEMテーマ:沖縄

            JUGEMテーマ:食べある記|グルメ

            JUGEMテーマ:健康

             

            こんにちは、Linです🌸

             

            沖縄ひとり旅2日目は、長寿村と呼ばれている大宜味村で食べた島野菜のランチ。

             

            この大宜味村というのは沖縄本島北部、やんばるエリアに入るあたりにあります。

             

            グーグルマップによると、許田ICから車で約40分くらい北上したところにあります。

             

            (実際はもう少しかかるかも)

             

            「笑味の店」は国道58号線沿いにあります。

             

            黄色い看板があるので、横の空き地に車を入れると、そこが駐車場。

             

             

            なかなか渋い雰囲気だけど、本当に営業してるのかちょっと心配になりますが、

             

             

            お店の入り口は国道の裏側。

             

             

            入り口でハイビスカスがお出迎えしてくれました。

             

             

            こちらのお店では、島のおばぁが育てた島野菜で作るお料理をいただけます。

             

            島野菜というと島人参やナーベーラ(ヘチマ)、ゴーヤなんかが有名ですが

             

            インガナ(ホソバワダン)、カンダバー(サツマイモの葉)、イーチョバー(ウイキョウ)、フーチバー(よもぎ)、ハンダマ(水前寺菜、不老長寿の薬草)、サクナ(長命草と呼ばれる牡丹防風)など

             

            中には市場には出まわらず、沖縄県民も知らないような島野菜も使っているようです。

             

             

            まかちくみそーれランチ(1100円)は、お任せランチ。

             

            なかなかのボリュームです👀

             

            真ん中にあるおにぎりは玄米おにぎり、じゅうしぃ(炊き込みご飯)おにぎり。

             

            それをぐるっと囲む野菜膳。

             

            と言ってもベジタリアンじゃないです。

             

            1番手前にあるのはサワーラフテー(豚肉の角煮)で、泡盛とシークワーサー果汁で気長に煮込んだそう。

             

            ホテイチク(沖縄北部のタケノコ)のイリチー(炒め煮)

            クガニ(黄金)冷麺にはサクナ(長命草)を練り込んだ麺に、もずくが乗っています。

            ゴーヤの卵とじ

            スルル(きびなご)のマース(塩)煮

            ニガナ(ホソバワダン)の白和えは大宜味村の伝統料理。

            ヨーグルトのスモモソース

            シークワーサーのサーターアンダギー

            紅芋のタピオカ粉入りサーターアンダギー

            ハンダマ(不老長寿の薬草)の味噌汁

             

            (あと何かよく分からない小皿料理などもありましたが、お店はすぐに満席になり忙しそうだったので聞けずに不明です)

             

             

             

            おそらく、その時期毎にとれる野菜などが違うので、説明書きももらいましたが、

             

            一部、内容が違うかもしれません。

             

             

            ちなみにお店で出される冷たいお茶も、長寿村らしい内容。

             

            少し独特ですが、身体に良さそうな味。

             

             

            個人的に、ここのランチが沖縄で食べたお料理の中でダントツで美味しかった☺

             

            長寿膳というメニュー(2500円)もあり、お弁当にも出来たようなので、今も気になる笑

             

             

            こちらが店内の様子。

             

            クーラーはないので扇風機です☺

             

             

             

            ちなみに島野菜は、

             

            「道の駅 許田 やんばる物産センター」

             

            というところで買えるようです。

             

            大宜味村で食べたマイナーなものが手に入るかはわからないですが。

             

            時間がなくて寄れなかったのが残念💦

             

            また行きたいと思うお店でした。

             

             

            笑味の店
            0980-44-3220
            沖縄県国頭郡大宜味村字大兼久61
            https://tabelog.com/okinawa/A4702/A470203/47001468/ 

             

            お店の公式ホームページ

            http://eminomise.com/index.html

             

            Lin🌸

            ダニ・ハウスダストにふとんクリーナーレイコップ

             


            << | 2/3PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << August 2020 >>

            楽天市場

            Amazon

            無料登録して占う

            私がよく使うネットのアウトレット🌸GLADD

            日本ブログ村

            selected entries

            categories

            archives

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM