ドライアイのお話。

0

    おはようございます、Linです。

     

    ブログのデザインをもっと良くしたいと思って久しぶりにPCを立ち上げたら、画面が眩しくて目がチカチカ✨

     

    そういえば、ここのところドライアイが酷くて、眼科で処方された目薬の治療をしているのでした。

     

    ドライアイ自体は随分前からあったものの、見えにくくなったり目の前が眩しいのと違和感で瞬きが激増していて。

    先月、ようやく受診したんですね。

     

    え?医療者のくせに?👀💦

    いやわたし病院嫌いです…たしかに職場は病院ですけど…だって怖いじゃないですか〜。

     

    というわけで、ドライアイのお話です。

     

    🌸 🌸 🌸 🌸 🌸

     

    眼科にて。

    混雑している待合室で、名前を呼ばれて検査室へ。

    まず涙液が充分に分泌されているかを調べるシルマーテストという検査をしました。

     

    検査用の点眼をした後、小さな濾紙のようなものを下まぶたの内側に挟んで5分くらい目を開けて待つんです。

     

    これはドライアイには辛い検査…😇

    表面が乾燥しまくる目を開けておくのも紙が挟まっているのも、天井の電気も眩しい。

     

    「右が11mm、左が13mmですね。」

    涙の量、少ないですね。と看護師さん。

    あとでネット検索したら通常は15mm濡れるそう。5mm以下が陽性らしいので、そこまで酷くはないのかな?

     

    次に視力検査と、診察。

    目の表面にプシュッと空気をかけられ、眼科のドクターが顕微鏡を覗く。

    ドクター「あっ、目を閉じないで〜」

    つ、つらい…ドライアイには苦行のようです(悲

     

     

    ドクター「あーこれは酷い。角膜傷だらけじゃないですか。2秒で乾燥してくるし。」

     

    目の表面を映し出した青い映像には、しっかり傷が写っている。

     

    ドクター「点眼出しときますね。治療はちょっと時間かかりそうだけど、頑張りましょう」

     

    🌸 🌸 🌸 🌸 🌸

     

    処方された目薬は「ジクアス」「オドメール」

     

    傷だらけの目の表面を修復する目薬と、炎症止めの目薬です。

    毎日7〜8回点眼しているおかげか少しは楽になったかな?

     

    (ちなみに仕事中はドライアイ症状が気になるけど、ゲーム中は気にならないのは何故…😇)

     

     

     

    それにしても勢いでブログスタートしたからか、なかなかデザインに苦戦しております。

     

    もっと見やすく作り変えていく(予定)なので、また覗きに来てください(๑´ω`๑)/


     

    Lin

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>

    楽天市場

    Amazon

    無料登録して占う

    私がよく使うネットのアウトレット🌸GLADD

    日本ブログ村

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM