「瀬戸内国際芸術祭」SETOUCHI TRIENNALE 2019年 秋会期に行ってみました! 【小豆島】トリエンナーレ 実際のスケジューリング 【行き方、まわりかた、楽しみ方など】

0

    JUGEMテーマ:アート・デザイン

    JUGEMテーマ:国内小旅行

     

     

    こんばんは、Linです🌸

     

    「瀬戸内国際芸術祭」SETOUCHI TRIENNALE 2019年 秋会期、女木島、男木島と行って2日目は小豆島です。

    面積153.3㎢と、男木島の10倍の広さ。

    バスかレンタカーで移動するのが王道でしょうか。

    エリアがいくつかに分かれているため、ピンポイントにエリアをまわるなら、レンタルで電動自転車を使うのもアリかもです☺

     

     

    小豆島 瀬戸内国際芸術祭 作品エリア

     

    土庄港エリア

    肥土山、中山エリア

    三都半島エリア

    草壁港エリア

    醤の郷エリア

    福田港エリア

    田浦エリア

    大部エリア

    沖ノ島

     

    結構広いですよね🤔

    Linは友人とレンタカーを借りてまわることにしました。

     

     

     

    🌸 小豆島(土庄港)のレンタカー情報(2019年10月現在)

     

    ・エンジェルレンタカー 

    軽自動車2時間2250円から 免責1100円/日

    ガソリン代こみ

    乗り捨て可能(追加料金あり)

    http://www.angel1428.sakura.ne.jp/sp/index.html 

     

    ・小豆島観光レンタカー

    4時間4950円から 免責+NOC 1650円/日

    ガソリン代こみ

    https://shodoshima-rentacar.com/ 

     

    ・オリックスレンタカー

    軽自動車6時間4950円から 免責1100円、他

    ガソリン満タンで返却する必要あり

    https://car.orix.co.jp/shops/?shops_pk=656 

     

    ・マリンレンタカー

    4時間4950円から 免責1100円/日

    ガソリン代こみ

    https://www.shikokuferry.com/rentacar

     

     

    Linは土庄港で借りた車を福田港へ乗り捨てしたかったのでエンジェルレンタカーさんに予約☺

    (乗り捨ての追加料金は3000円ちょいが追加料金で、6時間の軽自動車レンタルはトータル9550円でした。参考までに)

     

     

     

     

    朝10:55着のフェリーで土庄港からレンタカーで移動し、福田港を17:15発フェリーで姫路港に向かうルートでスケジュールを考えてみました。

    それにしても持ち時間6時間では全部まわるのはキツそうです。

     

    沖ノ島にあるクージュンガ作品は渡し船で行くので時間に余裕がないと難しそう。

    大部は肥土山からだと10〜20分だけど結構山道だし、そこから三都半島まで1時間弱かかるし…

     

    土庄→ 肥土山 →中山 →三都半島 →草壁港 →醤の郷→ 福田港

    で、とりあえず行ってみよう!という事に。

     

     

     

    🌸 土庄港エリア

     

    朝9時。まず男木島から高松港までフェリーで移動。510円也。

    高松港で高速船(1190円、2019年現在)に乗る事が出来たので、当初予定していた10:55より20分以上早く小豆島土庄港へ。10:30過ぎに到着。

    レンタカーが11時の予約なので、まずは土庄港の作品をざっとみる。

     

    ↑ アートノショーターミナル(コシノジュンコ)

     

    一階の体験型スパイクドレスは思っていたより大きな展示です。

    二階フロアには黒か赤がドミナントカラーとなっているファッションフォトが並んでいる。(「対極展」)

     

     

    また、一階の車椅子用トイレの壁がアートな感じで面白い。

    本当は「迷路のまち」(目作品)にも行きたかったけど時間的な問題で、レンタカーを拾ったらすぐ次のエリアに移動しました。

     

     

     

    🌸 肥土山、中山エリア

     

    11過ぎに土庄エリアを出て、肥土山に着いたのは11:30ごろ。

     

    ↑ 「フルイーレ」(ジャコモ・ザガネッリ)

     

    15年放置されてきた小学校のプールを可憐な草花など植えられたプランターがぐるりと囲みます。

    背景になだらかな山地が広がり、青空がプールの水面に映る、可愛らしくビオな作品。

     

     

    そこから、中山エリアへ。

    ランチに行くお店まで、パーキングが意外と遠くて10分くらい歩きました。

    棚田(千枚田)が有名ですが登ってる時間がないので下から見上げていたところ、イタチのような動物と目が合いました☺

    すぐに逃げてしまったので本当にイタチだったかは分からないのですが👀

     

    ↑ 「小豆島の恋」(ワン・ウェンチー作品)

     

    竹を編んで作られた巨大なドーム。

    中に入ると網目の間からきらきらした光が溢れ、薄らと透けて見える山の緑に囲まれながら竹の床に座って休んだり寝そべったりしてみる。

     

     

    ドームの内側の丸いホール(二階にあたる)を囲むようにぐるりと一段低い通路があり、なだらかな坂道になっています。通路はそのままホールの下側を通って外へ出る道に繋がっていて。

    ホール下を歩いていくと、中は360度秋の虫の声が聞こえ、目を瞑ると自分が小さくなって繁みの中にいるような不思議な錯覚がします。

     

     

     

    🌸 三都半島エリア

     

    ↑ 「エレメント」(志水児玉)

     

    何かの工場にも見える空間だが、ここはかつてアサリの養殖場だった場所。残されていた海水循環装置やろ過装置を使い、水の波紋や落ちる水に光を当てて魅せる作品群。

     

    よく見るとアサリの貝殻が無限に映っている作品も。

     

    もう働く者もアサリもないのだが、かつてのアサリの養殖場としての「場の記憶」が、止まった時の中で脈々と紡がれている感じがする。

     

    ↑ 「過去と現在の山にのぼり、銀未来の海を眺める」(鹿田義彦作品)

     

    一階には寒霞渓と思しき岩、森のある自然風景写真が展示されている。

    これらは現在と過去の写真を重ね合わせた平面作品らしい。

    二階の天井には島の漂着物の写真を加工してあり、左右の襖には外からの光に照らし出された港が線の細いドローイングと淡い色調で描かれている。

    パッと見ると「綺麗」と思うのだが、よく見ると海辺に無数のゴミが集積されている。

     

     

    ↑ 「潮耳荘」(広島市立大学芸術学部有志)

     

    ホルン型の集音器で波の音を集めて、建物の中で響かせる作品。

    瀬戸内作品は自然界の音を集める形の展示が色々とありますが、堤防に乗ったホルンの感じがシュールで個人的に好みです。

     

    ↑ 「明日の海」(友定睦作品)

     

    小豆島出身の小説家、壺井栄のエッセイ朗読を流しながら回転する時計や襖に、海やフェリーなどの写真を投射した作品。

     

    古びた廃屋の納屋の中でくるくる回るミラーボールが光をきらきら反射しているのを見ると、田舎で育った子供時代のイメージが記憶に浮かびます。

     

     

     

    🌸 草壁港エリア

     

    ↑ 「辿り着く向こう岸 シャンヤンの航海企画展」(シャンヤン作品)

     

    廃棄された古い漁船と家具を組み合わせた屋外作品。

    夏会期に追加された27mの船もすごいですが、灯台の内側も東南アジアの歴史建造物ぽくて良い感じ。

    いずれ組み合わせて船を作るようなので、どんな風に仕上がるのか楽しみです。

     

     

     

    🌸 醤の郷エリア

     

    ↑ 「静寂の部屋」(ハンス・オプ・デ・ピーク)

     

    小豆島の醤の郷といえば醤油が有名なのですが、こちらの作品はかつて醤油組合所だった建物。

    蓮の浮かぶ水の辺りで瞑想する男性、大きな本棚、誰も演奏していないピアノ、ガラスを割ってしまった少年など、時間が止まったような静寂から不意の静寂の瞬間を灰色の世界にまとめ、芽吹く話のみが色を持っています。

    鑑賞者は時が止まった静寂の部屋の中に、色味と動きを持って息を飲むようにそれらを観る。

    鑑賞者を含めて一つの作品なのではと思わせます。

     

     

    (繊細な作品のため10人ほどで入場制限がかかり、大きな荷物は持ち込めません。

    また、作品に触れたり当たったりしないようお気をつけてください👀)

     

    ちなみに、ここまで来るのに16:40。

    福田港まで20分以上かかりますので、大急ぎで移動。(レンタカーは17時返却、姫路港行きのフェリーは17:15発)

    なんとかギリギリセーフで間に合いましたが、心臓に悪い展開でした笑

    醤の郷エリアはこの展示しか見れなかったのが心残りではあります。

    ちょっとゆっくりまわりすぎましたかね💦

     

    慌てて事故にあっても悲しいので、みなさま時間にはゆとりを持ってまわってくださいね🐤

     

     今回行ってみて思ったのは、小豆島は広さもあり、作品数も多いので一泊してまわるのがオススメかも。

    夜にならないと見れない作品もあります👀

     

     

     

    🌸 小豆島グルメ

     

     

    小豆島といえば素麺とオリーブのイメージですが、こちらは中山エリアにある棚田(千枚田)の米と魚介のおにぎりランチ(1380円)

    素麺定食も1280円でありましたが、ボリュームの誘惑に負けました笑

    今思うと、小豆島の素麺といえばよくある乾麺のそうめんではなくぷりぷりの生そうめんのはず。

    素麺定食にすれば良かったかな?と、ちょっと思ってみたり。

     

    この日は舌ビラメの天ぷら、魚、かき揚げがメイン。

    お吸い物には小豆島の生そうめんの端を切り落とした「ふしめん(節麺)」が入ってます。

    地域色が出ていて嬉しいですね😊

     

    テラス席からは道路を挟んで「小豆島の恋」が見えるという特等席。

    人気のお店なので土日は待ち時間が発生します。平日でも満席になるため、行かれる方は時間配分にご注意。

    店内には梅やいちじくなどのマフィンが販売されてますが、こちらも人気なので売り切れ必至。

    店内の飲料水も湯船の水が置いてあり、こういうとこ良いですよね☺

    また、定食に「一味ほしい時に使ってください」と置かれた小豆島のお醤油、「鶴醤」再仕込み醤油。

    これがまた美味しい。

    一緒にいた友人も実家で使ってるそう。

    醤の郷で買い物する時間なくて残念です👀💦

     

     

    【お店情報】

    こまめ食堂
    0879-75-0806
    香川県小豆郡小豆島町中山1512-2
    https://tabelog.com/kagawa/A3705/A370501/37005612/

     

     

     

    草壁港では美味しいジェラートで一息。

    小豆島産の食材を使った様々な種類のアイスから、ダブル(450円)を注文。

    いちじくやすだちも気になりましたが、小豆島産の和栗と、醤油クランブルを選択。

    和栗は、すやの栗きんとんをアイスにしたといっても過言じゃない「栗」感!

    醤油クランブルは塩気が仄かにあり、醤油の味もするけど冷たいデザートとしても成り立つ甘さもあり。

     

     

    【お店情報】

    ミノリ ジェラート
    0879-62-8181
    香川県小豆郡小豆島町草壁本町1055-2
    https://tabelog.com/kagawa/A3705/A370501/37008746/ 

      

     ↓ ちなみに「こまめ食堂」で出てきたお醤油はこちら。

    バニラアイスにかけても美味しい、ってなんかわかる気がする👀

     

     

     

    🌸 おまけ: 福田港から姫路港へのフェリー

     

     

    17:15発のフェリー(福田港から姫路港、2019年現在1550円)に無事乗れたため、瀬戸内海にしずむ夕日を見ながら姫路港へ。

    フェリー内にもお土産が売ってますが、オリーブポルボローネは売り切れでした。

    小豆島の希少糖と、オリーブグラッセが入ってるらしい。珍しいですよね。

    あと、瀬戸芸マーク入りだったのでちょっとほしかったな👀

     

    Amazonで検索したらなかったけど、楽天市場で銘菓お試しセットに入ってた☺

    ちょっと欲しい。 

     

    フェリー内の売店で、友人が、「タケサン」のお煎餅が美味しいというので買いましたが、これほんとに美味しかった。買いです笑

    フェリー内ではうどん(500円)も販売していたのですが、18時までの提供。

    お腹すく前に食べちゃうのも手かもしれません☺

     

     ↓ これ!タケサンのお煎餅!

    あと2、3袋 買ってくれば良かった〜👀

     

     

    Lin🌸


    | 1/67PAGES | >>

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    楽天市場

    Amazon

    無料登録して占う

    私がよく使うネットのアウトレット🌸GLADD

    日本ブログ村

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM